Windowcpu.com
Windows プロセス箱

wfcs.exe



ファイルの情報
BiniSoft社が提供しているWindows ファイアウォール管理ツール、「Windows Firewall Control」関連アプリです。

スタートアッププログラムの種類 : [System Service]
[コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス]に登録されてウィンドウが起動するたびに自動的に実行されます。
登録されたサービス名 :
_wfcs

サービスを無効に設定するには、[スタート] - [プログラム] - [アクセサリ] - [コマンドプロンプト]を実行して、次のコマンドラインを順番に入力します。
sc stop "_wfcs"
sc config "_wfcs" start= disabled


* プログラムのバージョン、およびオペレーティングシステムに応じて、サービスの名前が異なっており適用ができない場合があります。
* [コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス]で関連項目を見つけるのプロパティでサービスを停止して、スタートアップの種類を無効に設定します。

サービスを完全に削除するには、次のコマンドラインを入力します。
sc delete "_wfcs"
* サービスの削除は、プロセスが終了した状態で入力する必要がすぐに適用がされ、実行されている状態では、再起動後に有効になります。
* Windows Vista/7/8/10 バージョンでは、コマンドプロンプトを管理者として実行してください。

[コントロールパネル] - [プログラムの追加/削除]に登録されたプログラム情報 :
[Windows Firewall Control]
プログラムの削除は、コントロールパネルの[プログラムの追加、削除で上部プログラムの削除情報に表示される内容を見つけて削除します。 プログラムの追加、削除を利用しても削除がない場合は、ファイルを手動で削除して、 レジストリエディタを起動して、関連データを見つけて削除します。

ファイルのパス : 2017-09-21 54.156.69.204
C:\Program Files\Windows Firewall Control\wfcs.exe
ファイル情報 :
Windows Firewall Control

製作者 :
BiniSoft
製作者 URL :
http://binisoft.org





Googleの検索(別ウィンドウ): wfcs.exe

便利なプログラムの紹介
WindowexeAllkiller
このプログラムは、スタートアップ・ブラウザヘルパーオブジェクト・ツールバー・サービス・タスクスケジューラなどをワンク リックするだけで削除することができます。
アドウェア、マルウェア、悪意のあるプログラム、トゥロジャンダウンローダなどを簡単に削除できる非常に強力なプログラムで す。


更新ファイルのリスト
mobile_backup_status_server.exe
AutodeskDesktopApp.exe
Avira.VpnService.exe
PowerDVD17Agent.exe
TrayTipAgentE.exe
a2service.exe
ULService.exe
TeraCopyService.exe
driverscanner.exe
dsmonitor.exe
VipreEdgeProtection.exe
wfc.exe
WinZip Smart Monitor Service.exe
WzPreloader.exe
WZUpdateNotifier.exe
ngpup.exe
sngp.exe
WinFLService.exe





Copyright ⓒ windowcpu.com. All rights reserved. タスクマネージャのプロセス検索 - Windows プロセス箱